HOME>注目記事>同僚に所有するデータを簡単に参照してもらえるサービス

データを皆で共有する方法

フォルダ

ビジネスで利用しているパソコンの記憶媒体には、重要なデータがたくさん保存されていることでしょう。仕事上の重要なデータは自分だけにとって大切なではなく、同僚にとっても大切なケースもあるはずです。そのため、同僚に必要だといわれたときに、わざわざデータをコピーして手渡ししているかもしれません。それでは、かなり非効率なので、誰でも便利にファイルを見られるようになる、共有サービスを利用した方がよいです。ファイル共有サービスならば、自身のパソコンをデータの保管場所にするのではなく、オンラインストレージを保管場所にできるので、誰でもアクセスしてファイルを利用できます。

アップロードするだけの簡単利用方法

フォルダ

ファイル共有サービスの利用方法は難しくなく、皆に利用してほしいファイルをオンラインストレージにアップロードするだけです。それだけで、共有されたことになるので、同僚がすぐに活用できるようになります。ただし、ファイル共有サービスによって利用方法は異なる場合があるため、まずはヘルプなどを読んで正しい使い方を学びましょう。普段からビジネスにパソコンを使っているのなら、ファイル共有サービスを簡単に使いこなせるはずです。

アクセス制限も可能

フォルダ

同僚に見てほしいファイルであっても、社内の全員には見てほしくないファイルもあるはずです。その場合はアクセス制限ができるファイル共有サービスなら、簡単に対応することができます。許可をした同僚以外はアクセス不能となるので、見せたい相手にだけ、ファイルを見せられるようになります。なお、ビジネスで便利に使いたいのなら、ビジネス用のファイル共有サービスを使いましょう。個人用ではセキュリティや機能が不十分なため、ビジネスで使うのはおすすめできません。

広告募集中