費用相場について

ミニチュア

データ復旧の費用相場は、症状の重さが軽度か重度かによって大きく変わってくるという特徴があります。まず「軽度」の場合は、ハードディスクは正常で、誤ってデータを削除した場合やOSにエラーがあるなどの論理障害がこれに当たり、相場は2~5万円程度になります。そして軽度と重度の中間にある「中度」の場合は、こちらもハードディスクは正常で、システムファイルなどにエラーがあるケースになり、相場は5~15万円程度になると言えるでしょう。さらに「重度」の場合は、ハードディスクが壊れている物理障害の状態であり、相場は20~50万円とかなり高額になります。こうした物理障害は、落下による破損や水没などの目に見えて分かるものもありますが、寿命などによって自然に壊れてしまうケースもあります。また見た目で分からない場合は、ハードディスクの駆動音がしなかったり、または異音がするかどうかをチェックすることで判断できる場合があると言えるでしょう。

業者に依頼するメリット

パソコン修理

データ復旧は、専用のソフトを使えば自分でおこなうことができる場合もありますが、専門業者に依頼するメリットもあります。まず挙げられるメリットは、「軽い論理障害における2次被害を防ぐことができる」ということです。OSの不具合などで発生した軽い論理障害の場合は、専用ソフトを使うことで復旧できるケースも多くあります。しかし誤った操作をしてしまったためにデータの復元ができなくなってしまうという2次被害が起こることも少なくありません。ですので確実に復旧したい大切なデータの場合は、安易に専用ソフトを使うのではなく、専門業者に依頼したほうが賢明だと言えるでしょう。次に挙げられるメリットは、「重度の物理障害の場合でもデータを復旧してもらうことができる」ということです。軽い論理障害であれば、十分な知識を持ったうえで専用ソフトを使えば、自力で復旧することも不可能ではありません。しかしハードディスク自体が破損や水没をしてしまった状態だと、専用ソフトではどうにもならないでしょう。ですが専門業者であれば、高度な知識やノウハウがあるため、たとえ無理に思えるような状態のものでも復旧ができる場合が多くあります。さらに挙げられるメリットは、「できるだけ時間をかけずに復旧してもらうことができる」ということです。業者に依頼するとスピーディーに対応してもらえるため、そのデータがないと業務に支障が出るという場合にも便利だと言えるでしょう。

広告募集中